大崎・古川出会いカフェ系情報は〔ピーチパイ〕



大崎・古川出会いカフェ系のお店一覧

[地域]: 大崎・古川

古川・大崎・美里・富谷は地元の女の子も多く、素人系デリヘルもかなり盛んです。 価格は、激安から高級までいろいろで、ジャンルやお好みのプレイでお店検索をするのも好評。 古川・大崎・美里・富谷のデリヘルや風俗店のスタッフは親切だともよく言われています。 本日が古川・大崎・美里・富谷へ初上陸だという方もピーチパイのお店検索なら、 安心して優良なデリヘルと風俗店全般を探せること間違いなしです。 お店についてもっと詳しく知りたい場合は、お店検索から、お店の詳細ページへ移動 してチェックしてみて!丁寧にしっかり詳しく表示されているので安心してお店探し してください!

大崎・古川出会いカフェ系

条件を指定して検索する

さらに絞り込む
  • 最寄駅で探す
    業種で探す
    ジャンルで探す
    プレイで探す
    店名で探す
    検索条件をリセット

    大崎・古川出会いカフェ系
    1
    1
    大崎・古川出会いカフェ系
    大崎・古川出会いカフェ系
    大崎・古川出会いカフェ系
    大崎・古川出会いカフェ系
    大崎・古川出会いカフェ系
    大崎・古川デリヘルといえばピーチパイ!

    古川の歴史は古く、、、だから古川!なんつって。近隣地域よりも以前に名生館官衙が造営され、玉造郡の政治的、軍事的中心をなしていたのであるよ。7世紀末期には大崎周辺が朝廷の支配下にあった示唆し、伏見廃寺跡などから多くの文化や宗教なども持ち込まれていたと思われる。古川の北部にも奈良時代から平安時代に掛けての官衙跡である宮沢遺跡があり、東北では最大級の官衙遺跡と言われている。延暦23年に坂上田村麻呂軍が東夷東征の戦勝祈願の為、京都祗園(デリヘル祇園っていうのどう?)神社を勧請し祇園社を建立し、藤原秀郷や伊達政宗など代々のおなご好き古川の支配者が崇敬している。古川大崎市周辺の中世は、奥州探題であった大崎氏が支配し、名生館官衙跡地に名生城を築き戦国末期まで支配が続くのであった。しかし、豊臣秀吉の小田原の陣に参陣しなかった為、奥州仕置きにより改易され、大崎氏は秀吉から派遣され新領主となった木村吉清(30万石)に一揆を煽動し(伊達政宗が裏で暗躍した説が有力)世に言う「大崎・葛西大一揆」が勃発する。古川は近世に入ると伊達領となり、交通の要所から古川城に重臣の鈴木氏を配し、鈴木氏は三代目の宗良が桃生郡深谷に移り、一国一城令などあった為、廃城となり以後は藩直営の奉行所支配となる。古川は奥州街道だけでなく秋田へ続く仙北街道や石巻への道が交差している為、多くの町屋が並び、参勤交代制度が確立すると宿場町として整備された。今現在の古川は町屋など古い建物は少なくなったが緒絶の橋の袂にある旧橋平酒造店は当時の雰囲気をよく残しているのだ。

    古川に住んでいる自分としては、なかなか住み心地の良い地域だと思っているのであるが。ひとつ悩みというか、風俗店舗がないのである。ピンサロ、ソープランド、デリヘル、など繁華街にギラギラした看板や広告、、、という感じがない。ピーチパイに載っている女の子たちを蛍光灯の下で必死に吟味し、誌面の印刷のあらさまで記憶するようになった古川男児も少なくはあるまい。まあ、家族で古川へちょっと観光という人もいるだろうから、自分も丁寧に地元のクリーンな情報を友人に教えたりしてはいるが。で、有名どころと言えば、やはり鳴子温泉や松島ぐらいだろうか。鳴子温泉は、古川の中心部から国道47号線でクルマで1時間程度、30~40キロ程度。鉄道利用だとJR陸羽東線で40分程度、650円(だったと思う)。1月や2月なら鉄道利用で移動しないとね、特に都内からいらっしゃるビジネスマン達は命の危険も感じるであろう。とにもかくにも都内から訪れる友人には必ずといっていいほど「ここでエンジン止まったら死ぬ?」と聞かれる(心の中では青森北海道なめんな。と瞬時で返しているが)ので、十分に除雪されている国道も気の毒である。ええもちろん、古川に住んでいるのだから、冬タイヤなので問題はないだろう。

    ところで温泉が近いところも自分が古川近郊を好きな理由であるが、どうも宮城中心部の人間からすると、古川とか大崎って鳴子に近いじゃん?歩けば温泉なんてすばらしいよねーなどと返しにくい、しかも本心なのかどうかもわからない言葉をちょいちょいかけられる。そうね、歩いていくなら遭難しないようにしないとね。古川市民として生き恥をさらさないように気を付けないとね。ええ、心配ありがとう。古川からほど近い温泉は、実は日本で11種類あるうちの9種類の泉質を誇っておるんですよ、ばかにすんじゃねえぞコラ。下駄履きで温泉街を歩いて巡る『下駄も鳴子』というキャッチフレーズなんかあったりすんだかんな!しかも「各旅館には宿泊客への貸し出し用の下駄が備えられている」、とウィキペディアに書いてあったりすんだかんな!気軽に入れる足湯、また温泉街には共同浴場があり、日帰りでもある程度は楽しめる古びた感じの街並み。共同浴場は「滝の湯」(150円)、「早稲田桟敷湯」(530円)が有名なんだとか。山ん中だし、でっかい川渡るし、クルマで行くと気付きにくいですが、列車で行った場合、駅で列車から降りた瞬間に硫黄のにおいが鼻をつきます。温泉好きにはたまらないでしょうが。そして不思議なくらいにすぐに慣れます(というかにおいを感じなくなります)。この辺りの名物は栗だんごとしそ巻き。とくに栗だんごはおススメ。だんごの中にごろっと栗が入ってて美味い!1月なら、スキーも楽しめるかな。上野々スキー場が近くにあり、タクシーで駅から5分くらいって聞きますが、タクシーそんなに存在しない、、、。いっぽう松島は言わずと知れた日本三景。クルマでも鉄道でもいけます。冬は牡蠣がおいしい。それ以外では、隣町にある「やくらいリゾート」もいいかもしれません。こちらも古川から西に車で1時間弱ぐらい。冬でもはいれるウォーターパークや、エレガントなレストラン、温泉などがあります。都内の大江戸温泉から装飾を全て取り去った感じといえば伝わると思う。あとは、古川を北に行くと、伊豆沼があります。古川から車で1時間弱くらいかな。古川の東にある登米市のなかでも、旧登米町中心部には明治時代の建造物が多く、「みやぎの明治村」と呼ばれている。古川からクルマで1時間くらい。教育資料館(国重文・旧登米高等尋常小学校)、警察資料館(県重文・旧登米警察署庁舎)、水沢県庁記念館(旧水沢県庁庁舎)や、明治時代ごろのをイメージした建物があり、明治時代にタイムスリップした気分に(なろうと思えば)なれます。目を閉じれば(見ないんかいっ)。教育資料館には、明治以降最近に至るまで学校で使われた教科書などが展示されている。明治時代のハイカラな雰囲気やこういう歴史的なものが好きな人にはいいところだと思う。3~4時間くらいならつぶせるんじゃないかな。

    大崎・古川出会いカフェ系