仙台のデリヘル情報はピーチパイ

ピーチパイは、東北エリアや仙台・大崎古川・石巻と言った宮城の中心エリアの風俗・デリヘル情報をリアルタイムに発信する情報サイトです。最新の風俗・ デリヘル情報はもちろん、各風俗店舗・各デリバリーヘルスの『お得なイベント情報』や『出勤表』、今すぐ呼べる『すぐヒメ』、大人気の『写メブログ』ま で…風俗・デリヘル選びに必要な情報を完全網羅!風俗・デリヘル遊びの必携ツール『ピーチパイ』!

→ こちらへ

■仙台 デリヘル リポ?!■

こんにちは、ピーチパイさん♪ 仙台でデリヘル遊びをして長年、お風呂でプレイ?という夢の妄想、妄想の妄想を抱いていた。 仙台でいうところのデリヘルといえばホテルのベッドで抜いてもらう、っていうのが主流だと思う。そりゃ普通はエッチするときはベッドでするだろうからデリヘルっていってもそれが当然だ。しかし、やっぱり世の中普通じゃない人もいる。だから普通というのが成り立つわけで。 仙台に転勤してきて9年、俺が最近はまってるのは、デリヘル嬢とお風呂でイチャつくこと。シャワーを浴びる前に事前にお風呂に湯を張っておいて、シャワーで流したらデリヘル嬢に一緒にお風呂に入ろうと促し、そこでイチャつく。お湯はそこそこぬるめにしておくのがミソで、熱いとすぐ上がりたくなるのを防げる。お風呂の中だと狭いため密着できるので、嫌が応にもデリヘル嬢のお肌を堪能できるのだ。これが大変好みである。ついでに俺の愚息をデリヘル嬢のお尻などに擦りつけたり。ノリの良い嬢なら優しく手コキしてくれるので、もうギンギンだ。危うく湯船の中で暴発しそうになることもしばしば。 仙台で遊んでいると、ベッドに行こうと言われることもあるが、大抵はそのままフェラまでしてもらい口内発射だ。浴室内は音も響くので、フェラのしゃぶる音もいやらしく響き渡る。その音にデリヘル嬢も興奮するのか、その後ベッドで改めて確かめてみるとびっしょり濡れてたりする(笑)。 その後は火照った身体をベッドで頂戴する。代謝がよくなっているので、すぐに汗をかいてくるデリヘル嬢の肉体を、これでもかと舐め回すのが俺のもう一つの性癖である。洪水状態のアソコをクンニしてやると、自分から69を求めてくる嬢もいる。そのまま2回目の発射という流れ。 うーん、仙台で9年まじめに遊んで積み重ねてきた経験でいえば、の話だが、お風呂での1回戦はかなりおすすめなので、興味あるひとは是非。あ、でも仙台のデリヘル店が全て対応しているわけじゃないと思うので、問い合わせてみておくれ。

仙台デリヘルの一覧 |仙台市|宮城野区|会社員45才

■仙台、デリヘル、不倫(ピーチパイの変態検索か?!)■

「不倫なんかやめればいいのに」 松居一代さんの騒動が続いてますが、何やら船越さんの女性問題が原因とかそうじゃないとか。そうじゃなくても最近は芸能人の不倫疑惑が多く囁かれるようになりまして、芸能界の貞操観念の緩さが露呈する事態に陥ってるように感じられます。 不倫なんて、するもんじゃありません。だから自分はちゃんとお金を払ってデリヘル嬢と遊ぶようにしています。ほら、仙台も100万都市とかいってるが案外せまいですよ?それならあくまでデリヘルのサービス業の客として接してるのですから、不倫とは無関係なんだけど不倫ちっくに対応してくれるデリヘルはたくさんあるのだと思います。特に近頃は仙台まで少し遠出をしてデリヘル遊びをすることが多くなりました。仙台のデリヘル嬢は本当に外見・接客ともにレベルの高い女の子が多く、立町のホテルを出るころには私は心身ともに癒され、非常に清々しい気持ちで帰宅することができます。ちょっと遠方なので2時間ぐらいかかりますが全く幸せな家路となります。もちろん妻にはこのデリヘル遊びのことは秘密にしていますが、私の心の余裕がもたらす効果なのか、最近は夫婦仲も以前より円満になっていると感じます。もちろん、 「仙台へいつも何しに行くの?」と聞かれてしまったら、という対応のシミュレーションは万全ですよ。 冒頭の芸能人夫妻が今度どうなっていくのかは定かではありませんが、デリヘル遊びを通じて夫婦仲が良くなるというなら、デリヘルを忌避するのではなくむしろ推奨してもいいものなのではないかと考えてしまいますね。仙台のデリヘル嬢さんたちには、密かに感謝の気持ちを抱いている次第です。できることなら、妻にいろんな技を講習してくれないか、なんて最低でしょうか、私。。。 また今週末も仙台まで足を運び、今度は黒髪ロングで清楚系の若いデリヘル嬢のサービスで癒されてきたいと思います。そしてそのあとは妻と仙台のどこかのダイニングバーで仲良くディナーでも楽しもうかと。今からどっちも?!楽しみです。

仙台デリヘルの一覧 |大郷方面|自営業51才

■仙台デリヘルのお店 ここだけの話■

「軽い気持ちでやってはいけない」 某デリヘル店の男性スタッフの採用担当をしていた経験があります。通常時は内勤スタッフとして電話受付とサイト運営を行っており、その合間に店長と共に面接を担当するといった次第です。数年前になりますが、当時は悲しいことにやはりというか、デリヘル店のスタッフという職種を軽んじている方が多い印象を受けました。適当に電話対応や送迎だけやっていればOK、可愛いデリヘル嬢とお近づきになってあわよくば連絡先の交換ができる、そういう想いで面接に臨んできていることが、少しお話しするだけでありありと感じることができました。もしかしたら、これを読んでいる方の中にもそういう目でデリヘル店スタッフを見ている方もいるかもしれません。実は、デリヘル業界では、断じて否です。 デリヘル店スタッフが、言うなれば黒子です。デリヘル嬢というお店の商品をよりよくお客様の提供し、再び当店を利用してもらえるよう、最善のサービスを受けてもらう。そのために、あらゆる雑務もこなさなければなりません。デリヘル嬢がストレスなく待機できるよう、待機所の清掃や管理、そしてデリヘル嬢同士のトラブルの仲裁、さらにはデリヘル嬢の様々な相談役としても機能しなければなりません。仙台は東北6県から単身でやってきている女の子が多いため、気持ちにストレスを抱えたデリヘル嬢はサービスの質の低下を招き、ひいてはお客様からの不満に繋がります。一般企業の営業スタッフ並みのコミュニケーション能力が問われるといっても過言ではないと、私は考えております。 仙台のデリヘル全般のサービス低下にもなりかねない、とも考えます。 今後、デリヘル店のスタッフとして働きたいと考えてる方がいらっしゃったのなら、軽い気持ちで臨むのではなく、一企業の社員であるという自覚と、高い意識を持って応募してきていただきたいと、ここに警鐘を鳴らす次第であります。

仙台デリヘルの一覧 |仙台市|青葉区|会社員39才